Maki

記事一覧(63)

一生ものの天然石アクセサリー

Cafe de la Poste三軒茶屋のアドリアーナです。当店ではアクセサリーの製作・販売だけではなく、修理やリメイクも承っております。修理費はかなり抑えてリーズナブルに、でもしっかりと対応させていただいております。そんな中、ご年配のご婦人が「30年前に買ったもので、壊れてしまったのでここ10年程放ってあったのだけど、自分でもつけたい、人に差し上げたい」ということでご相談にお越しになるケースが多くなりました。皆様、素敵なアメシストの一連のネックレスや、インカローズのピアスなどをお持込みいただいております。当時はいまほど天然石が豊富に商品化されていない時代だったと思いますので、結構なお値段の良いお品だということが見て取れます。ネックレスワイヤーの張替え、留め金が壊れていれば少し大き目のカニカンに取り換えたり、余ったパーツでピアスをつくってお揃いにしたりとお客様のご了解をいただきながら修理やリメイクをしております。でも接着剤は一切使用しません。また、何年後かにカタチを変えたくなったりしたときにどなたかがまた対応できるようにと思っています。こういった作業をさせていただいて思ったことですが、ある程度の年齢になってきたら、次の世代や誰かに引き継げるぐらいの、質の良い天然石のアクセサリーを持つことがとても素敵ということです。その時の気分でチープに使い捨てるようなアクセサリーではなく、長く愛用できるものって良いですよね。でも何百万円もするダイヤである必要はないと思います。例えばラピスラズリシルクロードを越えて日本に、ヨーロッパに渡った紺碧の聖なる石そして翡翠(ひすい)日本最古の宝石(勾玉)として歴史の長い柔らかいグリーンの魔除けの石Cafe de la Poste三軒茶屋では、御守りにもなり、そして歴史があって、現代の女性のファッションにもよく似合うこの二つの天然石をステータスのある女性におすすめしたいと思います。

2017年8月8日Wインフィニティ&満月の日のカード占い

金曜緊急!カード占いスペシャルデー